繁盛店への近道 その一

それは、「出来る店長」を作り上げる事なのです!

経営者の一番の悩み事は、何でしょうか?右肩上がりの売上と、黒字化の継続でしょうか?一般企業の場合、経営陣に委ねられる場合が多いのでしょうが、小売サービスチェーン店では、 現場の采配が売上と利益に直結します。

繁盛している店舗の特徴は、活気が溢れています。元気な声と明るい笑顔のお店にしましょう!その為には、”優れた人”の存在が必要なのです。

だからこそ、現場のリーダー「出来る店長」が必要なのです。

「出来る店長」とは

① 自店の把握が出来る人

自己の分析が出来、自分の欠点を見抜ける人。経営者がリーダーとして指名する人物として、このポイントを抑えねばなりません。

”反省”出来る人は、素直に仕事に向き合います。繁盛店への近道として、自己店舗の売上構築と利益の配分が理解出来て、店舗状況の分析が必要なのです。自らの店舗の良い点と悪い点を把握し、進めるべき道筋と改める進路を決めれる人が「出来る店長」なのです。

自分の欠点も理解せず、愚痴の多い人にお店を繁盛させる事は出来ません。

② 売上を作り上げる人

数字が大好きな人でなければ、小売サービスチェーン店の店長に向いていません。日々の売上の細かい点を見逃さず、少しの変化を読み取れる人が、売上を上げれるのです。社長が見抜かねばならないのは、結果より予測できる人物かどうかのです。会議で結果の言い訳を聞いても、仕方が有りません。

売上予測を上回る結果を出す人は、計画を立てる事前行動が優れているのです。売上と利益を上げる人は、想像力豊かで実行力を備えています。又、創造が出来る人でないと、売上を作り上げる事は出来ません。社長様、会議で結果は重要ですが、それ以上に”売上計画”を重視して下さい。

③ 人材育成を理解している人

人を育てる事に重点を置いているチェーン店は多く、コンサルタント等の外部指導を取り入れてみたり、評価制度を改善してみたり、たくさんの施策を施しています。その結果として、どの程度人材育成の目標を成し遂げられましたか?

店舗の人材育成の最重要課題は、スタッフ側の”気持ち”なのです。人材育成の重要性を理解し、真摯に向き合える店舗のリーダーの存在が成否のポイントなのです。 顧客サービスと接客スキルの上達が店舗の利益に繋がり、スタッフ全員の収入にも大きく関わる事が浸透すると、見違えるほど改善速度が上がります。
人をまとめる力が「出来る店長」の条件なのです。

「出来る店長」を作り上げるには、社長様も努力が必要です。

店長に成る素地を持った人材を見付け、育てねばなりません。

人手不足の中、キラリと光る社員を磨きましょう。

磨かれた「出来る店長」の誕生が、繁盛店を作るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA